京都旅日記⑥小籠包が有名な鼎泰豊でディナー &自宅で食べたい点心

お出かけ

こんにんちは。

アラフォー独女のMOMOです。(プロフィールはこちら)

* * * * *

2022年10月に訪れた5泊6日の京都旅の続きです。

今回の旅はアメリカから来日中の友人と一緒だったのですが

京都滞在中に友人のお気に入りの台湾料理のレストラン

鼎泰豊(ディンタイフォン)へ訪れたときの話です。

友人はここの小籠包の大ファン。

アメリカやシンガポールにある鼎泰豊へは何度も行ったことがあるそうですが、

京都滞在中に髙島屋京都店にも店舗があると知り、3連休中のディナータイムに行ってきました!

鼎泰豊(ディンタイフォン)Din Tai Fung 

  • 台湾の台北市に本店を構える小籠包が看板メニューの点心料理店
  • 1993年にはニューヨークタイムズ紙で「世界の人気レストラン10店」の1つに選ばれ、一躍知名度が上がる
  • 台湾国外にも、日本・アメリカ・カナダ・シンガポール・中国・マレーシアなど世界各地に店舗があるレストラン・チェーン

公式HPはこちら

今回は京都旅で訪れた鼎泰豊で食べたものの記録と、

おうちでも食べられる点心料理のご紹介です。

鼎泰豊(ディンタイフォン)髙島屋京都店

予約は不可。行列ができるお店

こちらの鼎泰豊(ディンタイフォン)は髙島屋京都店の3階の奥にあります。

  • 住所 京都府京都市下京区四条通河原町西入真町 52 髙島屋京都店 3階
  • 営業時間 10:30~20:00(LO19:30)

品の良い婦人服売り場をひたすら奥に向って進むとお店を発見。

こちらの店舗では席の予約はできないとのこと。

3連休のど真ん中の17時半頃に行ってみると、すでにお店の外まで続く長蛇の列が!😲

このときは外国人観光客の入国規制があった時期だったので、観光客は少なく

京都マダムやご家族連れなど、地元の方と思われるお客さんが多かったです。

回転が速いのか、行列のわりには待ち時間は15~20分ほどで入店できました。

ガラス越しに点心をつくる職人さんの熟練の技がみられるので、待ち時間も楽しめます。

私たちのとなりで2人連れの京都マダムが、めちゃくちゃ早口で世間話をしておられ

京都弁が新鮮な私は思わず聞き入ってしまいました。😅 面白かった~♪

友人のおすすめメニューを食べる

私は今回が初めての鼎泰豊(ディンタイフォン)

友人はアメリカやシンガポールの店舗へ何度も行ったことがあるので

友人が選んでくれたメニューを注文しました。

オーダーはメニューに記載されているアルファベットと数字を、客が伝票に書き込んで店員さんに渡すスタイルでした。

まずは酸辣湯(サンラータン660円からスタートです。

酸味のきいたスープ、思ったより辛くありませんが私にはちょうどいい味でした。☺

その後は次々に料理が運ばれてきたので、食べるのに夢中になってしまいました。

初めてのレストランてテンション上がるんですよね~(≧▽≦)

小籠包から時計回りにいくと

  • 小籠包(6個入り)980円
  • 豆腐干と昆布のあえもの 350円
  • A菜炒めニンニク風味 980円 A菜が何なのかは不明
  • エビ入り棒春巻き(2本入り)800円
  • 黒きくらげの黒酢あえ 640円

熱々の小籠包。レンゲのなかでお箸でわって、フーフーしながら肉汁ごと頂きます。

「あー!おいし~(≧▽≦)」

どのお料理も油っぽくなく、パクパク頂けます。

途中で友人が「ホットチリソースが欲しいな~」と言い出しました。

なんでもシンガポールやアメリカの鼎泰豊では卓上に置いてあるとのこと。

近くのテーブルまでやってきた店員さんにきいてみたところ、

店員さん「あ!ラー油のことですね!」と奥から持ってきてくださいました。

しかしこの後、ラー油をどのお料理に使ったのか思い出せません。😅

写真を撮り忘れましたが、ピリ辛ゆでワンタン(えび入り)も追加でオーダーしました。

どのお料理も美味しかったですが、最後に食べたコレ↑が一番好きでした♪

初めての鼎泰豊(ディンタイフォン)、よい経験になりました。(^^♪

日本にも店舗がたくさんあるので、気になる方は公式のホームページをチェックしてくださいね!

自宅で美味しい点心・台湾料理が食べたい

京都で美味しい小籠包を食べてから、すっかり点心・台湾料理の虜になった私。

鼎泰豊は日本各地に店舗がありますが、それは都市部のこと…

田舎在住の辛いところは、こういった有名店に気軽に行けないことでしょうか。😢

ですが、人一倍食い意地がはった私は諦めません。

点心・台湾料理の有名店の味を自宅でも味わえないかリサーチしました。

おすすめの2店舗をご紹介します♪

恵比寿 京鼎樓(ジンディンロウ)

本場台湾発の小籠包の名店「恵比寿 京鼎樓(ジンディンロウ)」さん

熟練の点心師さんが手作りした芳醇スープ溢れる小籠包を中心に、

従来の中華料理にとらわれない豊富なメニューを取り揃えているのが特徴のお店。

オンライン販売にも力を入れておられるので、自宅でもお店の味を楽しめます♪

↓オンラインショップはこちら↓


「恵比寿 京鼎樓(ジンディンロウ)」はとにかく小籠包が好き!中華料理が好き!という方におすすめです

聘珍樓(へいちんろう)

日本に現存する最古の中国料理店「聘珍楼(へいちんろう)」さん

横浜中華街の聘珍楼さんは残念ながらなくなってしまいましたが、東京都内のお店は営業されています。

1995年から化学調味料(L・グルタミン酸ナトリウム)、保存料、人工着色料の完全無使用を一年の猶予期間を経て、実行されております。

お歳暮やお祝いなどのギフト販売にも力を入れられています。

↓オンラインショップはこちら↓

帰省の手土産にして、家族みんなで名店の点心を味わうのもいいですね♪

おわりに(外国人に逆エスコートされる京都旅)

20年ぶりの京都旅行。

京都に何度も訪れたことがある、海外から来日中の友人のエスコートで行ってきました。

※エスコートするのではなく、「エスコートされる」の方です😅

世界有数の観光都市である京都は、その伝統と歴史に魅了される外国の方が多く

日本人の私より詳しかったりします。(←言い訳)

そんなわけで観光もレストランも、ほぼほぼ友人のチョイスの旅でした。

今回ご紹介した鼎泰豊(ディンタイフォン)の他にも、

京都に本店があるとんかつの名店「かつくら」や、錦市場での食べ歩きなど

楽しい食の思い出ができました♪

よろしければこちらの記事もどうぞ↓

こまでお読みいただいてありがとうございます。

よろしければまたお立ち寄りください♪

↓ポチっとして頂ければ嬉しいです↓

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代の生き方へ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました